芸術家、岡本太郎の名言集

・何も芸術家や文学者だけが行きづまってるわけじゃない。世の中の誰もが行きづまっているのだ。精神的な行きづまりは、芸術家だけの問題ではなくて、これは人間全体の問題だ。
・人間のほうが他の動物よりも進歩している存在にみえるかも知れないけど、不安や恐怖感を抱かずにはいられない、悲しい運命を背負っている。これから文明がさらに発達するにつれて、恐怖感を持つ人はもっと増えてくると思う。恐怖感は自分一人でなく、これは人類全体の運命なんだと思って、取り組んでいけば、意外に救われるんじゃないか。
・人は自分を客観視しているように思っていても、実は誰でも自分が好きで、大事にしすぎているのだ。自己嫌悪なんて、いい加減なところで自分を甘やかしていないで、もっと徹底的に自分と闘ってみよう。
・"いずれ"なんていうヤツに限って、現在の自分に責任を持っていないからだ。"いずれ"なんていうヤツに、ほんとうの将来はありっこないし、懐古趣味も無責任だ。
・自分のところだけ波風が立たなければそれでいい、そんなエゴイストにならなければ、いわゆる"しあわせ"ではあり得ない。ニブイ人間だけが「しあわせ」なんだ。
・「出る」のは固くて冷たい釘ではない。純粋な人間の、無垢な情熱の炎だ。
・両親の姿を見れば、自分の未来像もその背後にダブって見えてしまう。今日の若者のむなしさがそこにある。それからのがれようとすれば、自殺でもするか、スピード、セックスなんかで瞬間的に自分をまぎらわすか、以外にないだろう。
・何かスリルがあるとすれば、それはバスの窓越しに、他の世界のドラマとしてかいま見るだけだ。全体的、全運命的責任はとらないのである。
・だから、冒険が終わればまた非常に空しくなる。グジグジして、文句をつけたり、人のことが気になって陰湿に足を引っ張ってみたり、およそ空しい精神状態におちいってしまうのだ。
・一目見て、いかにも経営者、商売人だ。それ以外の何ものでもないというところに、人間の全体像を失っている現代文明、そしてこれからの運命が象徴されている。
・人生うまくやろうなんて、利口ぶった考えは、誰でもできることで、それは大変卑しい根性だと思う。世の中うまくやろうとすると、結局、人の思惑に従い、社会のベルトコンベアーの上に乗せられてしまう。
・日常の小賢しい自分のままで、ぬくぬくと坐ったまま、つかめるはずがない。感動するということは背のびを強要されることだ。
・職能的に分化された芸ごとの趣味のことではない。今世間で芸術と思っているのは、ほとんどが芸術屋の作った商品であるにすぎない。
・システムによって動く現代社会、産業、経済機構のなかで、すべては合理的に、また目的化される。だから人々は疎外され、知らず知らずに絶望しているのだ。
・呪術は目的的のように見えていながら、人間の非合理的なモメントにこたえ、逆にいのちの無目的な昇揚を解き放つ力を持っていた。ところが現代社会では、呪術の目的的な役割だけが科学技術によって受けつがれ、拡大されている。
・実はみんなで知恵と労力と情熱を持ちより、苦労して手さぐりで準備しているとき、つくりあげていく過程がほんとうに生きがいだったと目を輝かせて話していた。それが祭りだ。無償の爆発。
・ぼくがここで問題にしたいのは、人類全体が残るか滅びるかという漠とした遠い想定よりも、今現時点で、人間の一人ひとりはいったいほんとうに生きているのだろうかということだ。
・今日はほとんどの人が、その純粋な生と死の問題を回避してしまっている。だから虚無状態になっているのだ。


岡本太郎、自分の中に毒を持てーあなたは"常識人間"を捨てられるかより)
www.seishun.co.jp